【エッチ体験談】快楽が凄かった夫婦交換の告白

 私は結婚してちょうど、15年が経ちました。現在は38歳で、子供が2名います。二人ともに女の子で、14歳と11歳です。私は埼玉県の志木市に実家があり、そこには祖父も祖母も田舎で田畑を耕して、作物を作っています。妹はそこで結婚して同居しています。

主人は現在は40歳で、ある石油元売りの会社で課長をしています。結婚した時は私も主人とおなじ部署で働いていました。短大出の私と2年間の恋愛後に結婚しました。私はどうも、男性経験が少なく、セックスは主人が二人目でした。

 性交の快感も少なく、ただ主人の言いなりで、結婚当時は週に2,3回は交わっていました。そのころはまるで快感は無く、子供が出来てから初めて”オーガズム”を体験しました。それでも主人が忙しくなり、最近は月に1,2度しか抱いてくれません。

しかもその夜は、休日の前日なのに、ほとんど前戯もなく、少しおっぱいを吸った後は、オマンコの辺りを少し触って、クリトリスを愛撫して、ちょっと濡れただけで、正常位で直ぐに挿入されます。20分後にはもう射精をして、スキンも着けずに膣の中に生で精子を出してしまいます。

まだ何も感じないのですが、フェイクで「ああいいよ~~」と呻き声を挙げて見せます。でも主人はイったと勘違いをして直ぐに射精をします。あれだけ好きだった相手なのに、飽きて、嫌になってきました。ある日ふと、相手の欠点が鼻につき、嫌気がさすのです。

かくして百年の恋も簡単に醒めてしまい、性的な欲求は消えて「したい」という気持ちになりません。主人も同じらしく、最近は新しいエロサイトで「夫婦交換」と言うものを探しました。色んな人の体験談も載っており、あるところに申し込むと、全く見知らぬご夫婦と、男女が交換して同じ部屋で性行為をするというものです。

最初は主人が探して、そこのブログを拝見しました。年齢層は色々ですが、私達の様な40歳前後の人が一番多いみたいです。早速申し込んで、メルアドを交換してお互いの自己紹介から始めました。とにかく嘘や、いい加減な愛人と男性などはもってのほかで、一応結婚している夫婦という設定で、確認書も見せ合います。

そしてラブホでは嫌らしいので、近くの郊外の温泉旅館でスイートルームを割り勘で持ち、逢うことにしました。それまでに3か月は達ち、お互いのヌード写真も交換して、互いの全裸を公開します。恥ずかしいのですが、とにかく性行為の快感を得るためには仕
様がありません。

4月の陽気の良い休日に、4人でお会いしました。娘は実家の母親に預けて、前の会社の同窓会ということにしました。そこは修善寺温泉の隠し宿で、主人が以前から知っている後輩の実家でした。本当は1泊が8万円もするのに、4人で5万円に負けてくれました。

そのご夫婦も40歳と39歳で、ある料理屋を目黒で経営する人たちでした。「マンネリでセックスしていても、全然に燃えないんです」とそのご主人。奥さまは私と違って、物凄く大柄で、胸も88㎝のデカパイでした。私は小柄な上にオッパイもBカップで、80㎝ぐらいしか無いのです。

その上、私は無毛症で少しはありますが、パイパンなんです。一応セックス時にはコンドームをつける約束と、お互いの夫婦が見せながらする約束はお会いする前に決めていました。

12時には旅館につき、一緒に部屋に着いている露天風呂に入りました。4人でも充分に入れます。私の主人よりは、向こうの方は大柄で、全裸を見ると、ペニスも17㎝ぐらいはあります。家の人は大体ですが、約15㎝ぐらいで、亀頭もそんなには大きくはあり
ませんが、遅洩なので、性交時間はかなり持ち、長い時には2時間でも続けられます。

私のときにはもう我慢せずに20分後にはイってしまいますが…。ところで向こうの奥さまは168㎝もあり、私の151㎝とは大違い、オッパイも大きいですが、陰毛も忙々に生えて、陰部を覆っていました。

私は陰毛は生えておらず、股間のクレヴァスはぴたりと口を閉じて、サーモンピンクの二枚の花弁が覗いて、股を広げるとピンクの粘膜が諸に見えます。愛液をたっぷりと湛え、露天風呂の陽光に煌めく様に輝いていました。

主人ももう陰茎を勃起させて、奥さまのヴィーナスの丘の剛毛に飛びつき、もさもさとして堪らない感触のようです。私のお相手はペニスは、まだ完全に勃起していないのに、主人の陰茎よりはふたまわりは巨大で、色と言い形と言い、見事なマツタケ型の成熟したペニスでした。

あああすごいわ~、なんてすごいの、これがペニスというものなのね~。もう不潔感や嫌悪感などはまるでありません。生まれて初めて男性の巨砲を拝見しました。そして口の中に含みました。

主人も向こうの奥さまの欲情で腫れぼったい、菫の局部に指をやり、紫紅色のフリルを二本の指でめくり開いています。ぬちゃりと花弁を左右に開き、生命の根を挿入してもらいたくなり、粘膜が戦慄いていました。

私はお隣でご主人のお道具の根元を掴んで、溶けて流れそうな膣に宛がいました。快楽とも苦痛ともつかぬ声を上げて、ついに彼のそれが沈み始めました。激しく腰を振って、子宮に届けとばかりに怒張を挿入して、ピストンが始まりました。

私も自ら柔腰を振って応じます。秘肉の全体を引き絞る様に、その猛々しい侵入物を締めあげました。乳首を揉み立て、もう一方で亀裂の先の突起物を触りまわります。「奥さまイってもいいですよ~~」と彼。引き攣ったり緩んでいく私の顔を見ながら、肉棒を奥の奥まで、私の芯部を貫いていきます。

「うおおおお~っ、アア最高よ~~、もうイきそうだわ~~、ああっ逝っちゃうよ~~」彼も「おうっ、出るよ~~、うおうっ~出るよ~~」赤裸々な粘膜の締め付けにあい、剛直の底から絞り出すようにして、乳白色のしたたリが弾け飛びました。

隣で主人も奥さまの狭い蜜壺に、温かく肉壁がシャフトに絡み付いて、腰を引くと襞が靡いています。わああ~っ、もう駄目ですよ~」と主人、奥さまも「ああすごいよ~、マンコが壊れそうよ~~ああっ白くなるわ~~、墜ちるよ~墜ちるよ~」

ガクガクと腰を揺らして、最後のとどめで完全にぐったりとイったようでした。「キキき~っ」奇声を上げて全身を弓なりにして、女体をピクンと硬直して、すぐ後にはガクガクと弛緩していました。あれから2時間後に再び、和室の布団の上で交わる私たちでした。