【エッチ体験談】スワップへの体験するまでの道のり

 私たち夫婦のスワップ体験をお話しします。33歳の妻にスワップを決心させるまでの長い道のりはここではいいでしょう。長い時間の説得と慎重な相手選びで永年の夢が叶いました。

妻は身長170?p、細身で顔が小さくモデル体型。とよた真帆に似ている自慢の妻です。こんな妻を相手に出来るなら、男は誰でも喜ぶはずです。紆余曲折を経て、スワップの相手に選んだのは私の飲み友達のJ夫妻。Jは38歳、奥さんは35歳。

 Jは黒人の父と日本人の母を持つハーフ。見た目もやはり色が黒くて185?pのマッチョ。とても精悍な感じのする爽やかな男です。 奥さんは妻とは対照的に身長約155?pと小柄で、見た目はまだ20代でも充分イケルくらい可愛らしい女性です。

何と言っても顔とはアンバランスになかなか胸が大きく、とても性欲をそそる体つきです。そんなJ夫妻と私たち夫婦とのスワップ生活が始まったのは去年の夏でした。それ以来癖になってしまい、約1ヶ月に一度のペースで楽しんでいます。

初めての夜、4人で一緒に食事をした後、それぞれのうちのクルマから妻同士が入れ替わって乗り、近くのホテルへと向かいました。食事をしているときから、妻がこのマッチョにこれから抱かれるんだと思うと激しい興奮と嫉妬の入り混じった複雑な心境で、何を食べたかも覚えていないほどでした。

ホテルに着いてから同じ部屋にするか、別々の部屋にするか、少しの間話し合いましたが、結局初めてだし恥ずかしいという女性側の意見を受けて、別々の部屋に入ることにしました。隣の部屋へ入りドアが閉まる直前、振り返る妻と眼があった瞬間、取り返しのつかないことになったかな?と不安が一杯でその場は後悔の念に押しつぶされそうでした。

自分達も部屋に入り、奥さんとのセックスが始まってからも隣の部屋の状況が気になって気になって、奥さんとのセックスに興奮するというよりも、隣で妻が他の男に抱かれている姿を想像して興奮し、射精したような気がします。

確かに奥さんの体は期待を裏切らず色っぽく、フェラも妻より格段にうまく、感動すらしたんですが、その夜は全然自分に余裕が
ありませんでした。セックスの途中、奥さんが「隣の部屋のこと考えてるでしょう?」というので思わず正直に「ハイ」と答えちゃったりもしました。

余程、JのPの大きさやセックスのことを聞こうかとも思いましたが奥さんは全てを見透かしてか「だいじょぶよ、Jは優しいから。ちゃんと奥さんを大事にしてるわよ」と言いました。続けて「でもJのエッチは凄いから奥さんまいっちゃうかもね」とも言いました。

もうその言葉で私は嫉妬に狂い、思い切り奥さんの中に出しました。ダメを押すようにグッタリとする私に「Jのオチンチンはねぇ、やっぱり黒人の血が入ってるからかしら?大きいのよ。初めて見たときは信じられなかった。」「こんなの入らないと思った。でも入ったときの奥まで突き抜ける感じはたまらなくイイの」

ホテルを出て顔を合わせたときの妻のうつむき加減の火照った顔に、これまでにない興奮を覚えました。Jはこれ見よがしに妻に最後軽くキスをしました。帰りの車の中、今自分達がしてきたことについてはまるで触れず、全く関係ない話をしながら家路につきました。

もう自分の頭の中は妻がたった今、Jとどんなことをしてきたのか?知りたくて聞きたくて仕方がありませんでした。

↓他のエッチな体験談記事もどうぞ!↓